アフターピルとは

通販で買ってよかったアイピル

アフターピルは通販の方がお得

あなたは、今まで何回くらい海外旅行に行ったことがありますか。年に何回も行っているなんて人もいるのではないでしょうか。
女性の1人旅は、とてもミステリアスでドキドキしてしまうそうな出会いもあるかもしれませんね。でも、そんな時に是非、持っていてもらいたい物があるのです。それはアフターピルです。

ピルって言うと、避妊薬・生理薬として利用される低用量ピルがありますが、アフターピルは避妊薬でも全く異なるアプローチで避妊をすることができるのです。それは性行為の後この薬を飲んで、避妊することができるという大きな利点があります。

実はアフターピルは、市販はされていなくとも最近は通販での購入が可能となっています。なるべく早く飲むことが高い避妊効果を得る秘訣だと聞くアフターピルを、通販で事前に買って持っておいて良かったという意見がありましたので紹介していきます。

アフターピルを海外旅行に持っていくと安心

旅行にも持って行った方が良いアフターピル
避妊と言うと、男性の人にコンドームを知るか使ってもらうか、自分がピルを飲むしかありませんでした。しかし、普段身近にある低用量ピルは、毎日、飲む必要があるために、煩わしさがありました。それと比べると、アフターピルは行為が終わった後で、飲むことで避妊できるのです。

海外旅行をしている時にも、とんな素敵な男性と会えるかドキドキですね。
しかも、もしかするとその日に深い関係になれて熱い夜を過ごすことになるかもしれません。

でも、そんな時は恐らく相手の男性が避妊をしてくれる保証がないと思いませんか?
憧れの外国のイケメン男性と一時の恋に陥ると思っても、避妊のことを考えると、あまりにももったいないですね。

だからこそ、アフターピルを海外旅行に持っていくのが、おすすめなのです。
私も通販で買えることは友人から聞いて知っていたので、旅行へ行く前に買って持って出発しました。

旅行時だけでなくても彼との性行為で、コンドームをしっかりと装着してもらっていたにもかかわらず、破けてしまったと言うハプニングや会社の飲み会の後に2次会で酔った勢いで、先輩のマンションに行って、ついエッチをしてしまったとか、自分の思いとは裏腹に想定外の性行為で、冷静になった時に後々のことを考えて心配してしまうことが出てきます。

そんな時に、アフターピルがあれば、何とか心配を乗り切ることができます。
そんなことから女性の中でも、この薬を携行し始めている人が増えているのです。

また、アフターピルはインターネットで購入できる点も、注目を集めている理由かもしれません。
アフターピルは基本的には、産婦人科の医師の処方箋が無ければ購入することができません。一般的なドラッグストアで購入することはできないのです。

しかし、インターネットでの通販だと、買えるのです。しかも、費用も大きく開きがあります。

通販の方が安く手に入るアフターピル

アフターピルは通販が安い
病院で処方してもらって購入する場合、少なくとも10,000円以上はしてしまいます。しかし、インターネットだと、1/3以下の金額で購入することができるのも魅力なのです。さらに「急いで飲む」という点でもメリットがあります。アフターピルは、どんなに遅くても性行為の後、72時間以内に飲むこととされています。

しかし海外旅行をしている時に、そんな処方をしてもらうことは不可能ですし、旅行に行く前に前以って、病院から処方してもらえることはありません。避妊に失敗したということが分かって初めて、処方してもらえるのですから。

このようなことから、アフターピルをインターネットで購入しておくことで、急に海外旅行が決まったとしても、なんら心配することがないのです。但し、もしできることなら、吐き気止め用の薬もセットで持っておくと、さらに良いと思います。

アフターピルは、副作用が大きくて、腹痛や吐き気を催すことが多いからです。服用後2時間以内に嘔吐してしまったなら、アフターピルの効果が低くなっていますので、再度、飲む必要があります。一度吐き出してしまった後、2回目の服用をする際は吐き気止めの薬も飲むようにしましょう。

何れにしても、どんなハプニングが起きるか分からない海外旅行なので、万が一のために、アフターピルは心強い見方になることは、間違いありません。

実際、私の友人の数名は酔った勢いで夜を過ごしアフターピルに助けてもらった経験もあるようです。
いざ、アフターピルが必要となってもすぐ病院へ行く等の行動がとれない、もしくは手持ちの費用が少ない等も考えられます。そんな時でも高い避妊率を得られるかどうかがかかっている服用までの制限時間は待ってくれません。

自分が置かれている場所や状況関係無く、アフターピルが必要となった時にすぐ服用出来るように通販で買って持っておくことが一番安心で、確実だと感じました。

恥ずかしいことだと思わず、守るためだと気付くことが大切

自分を守るためのアフターピル
こうした体験談から、アフターピルは希望していない妊娠を防ぐため、そして万が一妊娠してしまって中絶なんていうことにならない為にも「避妊する」ことが大切だと分かります。「避妊」という言葉が先行して、なんとなく持っている事で「遊んでいる」などと恥ずかしい印象を持つ人も少なくないでしょう。

しかし、いつ事件に巻き込まれたり、いつもと違ったハプニングが起きたりして想定外の妊娠の可能性が出てくるかも分かりません。そうなった時、自分の身体と心を守る為にもアフターピルは持っておいた方が安心です。決してアフターピルを持つことを恥ずかしいことだと思わずに、備えることが大切なのです。

病院からの処方でアフターピルを服用するまでのハードル

病院でアフターピルを処方してもらえるまで

避妊に失敗してしまったなどの事態に使用する緊急避妊薬の、アフターピルという存在を知っている人は多いと思います。しかし実際に使用した経験は無いという女性も少なくはなく、使用した人からアフターピルについての説明を聞ける機会も日常ではなかなか少ないものです。

アフターピルは保険が効くのか、それとも保険適用外なのか、実際に処方してもらうまでには何処へ行きどのような事が必要になるのかを知っておく事で、いざアフターピルを必要とする緊急時でも慌てずに対応していく事が出来ます。

アフターピルの適応期間を知っておこう

緊急避妊薬のアフターピルは、通常のピルの摂取方法に比べて多量の女性ホルモンを摂取する事で強制的に、体を妊娠しない状態へと持っていきます。アフターピルとしての効果を発揮するのは、性行為後72時間以内の服用というのが一般的です。72時間を過ぎてしまえば、緊急避妊出来る確率は減っていきます。
72時間よりも早ければ早いほど、高い効果が期待できます。例えば、24時間以内にアフターピルを服用できれば避妊率は95%と高くなります。

アフターピルを必要とする時には、早め早めの対応が大切になってきます。なので72時間以内、日にちでは3日間の間に処方までの行動に移すのが理想的です。出来る限り仕事や予定などの調整をして、自分の体を守る為にもアフターピルの処方を優先させましょう。処方は当日してもらえるので仕事を長期間、休む必要はありません。

処方はどこでしてもらえるの?

クリニックなどでアフターピルは処方してもらえる
処方をしてもらえる場所は、産婦人科やレディースクリニックです。注意したいのが、全ての病院でアフターピルを取り扱っていない場合もあるという事です。そのため、事前に病院へ確認をとるようにしましょう。不安な事があれば電話での確認の際に聞いておく事も出来ます。行く前に説明を少し聞けるだけでも不安は減らせますし、この時に診察の予約をする事も出来るのでとてもスムーズです。

病院ではすぐに処方してもらえるの?

アフターピルを必要としている時は緊急的な事態なはずですので、その不安から慌ててしまう気持ちもあるはずです。しかしアフターピルの処方までには、取り扱っている病院やクリニック行って、診察や問診にアフターピルについての説明などを受ける必要があります。

まず病院では、基本的に問診のみとしている所が多いです。洗浄や内診などが行われることはほとんどありません。受付で渡される問診票に必要項目に記入をします。その後には医師との診察があります。性行為があった日付・生理の始まりの日などの最終月経・生理周期・アフターピルを使用した経験の有無・現在服用している薬の有無・薬によるアレルギーや持病のある方などは病気についても聞かれる場合もあります。

女性でも婦人科系の病院などに行くのは緊張するものですよね。その緊張や不安の中でも、質問されれば説明しなければならない事がこれだけあります。医師が男性であったりすれば、細かく説明をする事も嫌だという女性もいると思いますが正しくアフターピルを服用する上ではとても大切な事です。アフターピルを処方される時には、医師から服用の仕方や、副作用についてなどの説明を受ける事になります。診察後に院内で処方をしてもらい会計も行われます。

アフターピルを処方してもらえないケース

処方してくれない場合
取り扱っているはずの病院やクリニックへ行ったのに処方してもらえないケースもあります。診察後に、病院によっては必要と判断された場合に妊娠検査を行う事もあります。その時に尿検査で妊娠の結果が出た場合には、アフターピルは処方されません。

保険適用外という事を知っておこう

病院で処方されるアフターピルですが病気ではない為、保険適用外になります。なので病院へ行く前には、支払いの準備もしておきましょう。保険適用外となると高額な支払いなのかなと不安もありますよね。

平均してアフターピルの値段は、保険適用外となり1回分の値段が5,000円~15,000などの幅があります。病院によって値段は異なってきます。保険適用外となると普段の病院代よりも高額になってしまいますね。なので病院を探す時に、保険適用外のアフターピルの値段も調べておく事で安心でして病院へ向かえますね。
保険適用外なので保険証を必要としませんが、本人確認として受付で保険証を提示します。なので持参していくようにしましょう。もし保険証を所持していない場合には、運転免許証やパスポートや学生証でも大丈夫です。

説明する抵抗よりも、避妊できる確率を上げるという安心感が得られる

アフターピルを処方してもらうことで安心がある
女性であれば、ただでさえ不安な気持ちの中で、性行為や自身の体について説明をするというのは辛い気持ちになります。男性医師に説明するのはやっぱり抵抗があるという人には、病院やクリニックによっては女性医師専門としているところもあります。
同じ女性同士であれば細かい説明もしやすいですよね。恥ずかしい気持ちや抵抗もあるとは思いますが、きちんと自分についての説明をするというハードルを越えれば、正しくアフターピルを処方し服用する事が出来ます。

保険適用外なので料金はかかってしまいますがアフターピルは女性の強い味方になって女性の体を守ってくれるはずです。保険適用外で高いからと不安な気持ちを抱え続けて過ごすよりも、アフターピルを服用する事で大きな安心感を得られる事でしょう。

正しくアフターピルを知る、避妊効果と購入方法

正しい情報を知る女性

避妊と言うものに100%と言うものはありません。その為、事前に万が一の失敗に備え、失敗した場合はどのような対処を行えば良いのかと言う知識を確認しておく事が大切です。避妊の場合、一刻を争うほどその後の対応は時間との戦いになってきます。その為、避妊に失敗してからどうすれば良いのか調べているようでは間に合わない場合も十分に考えられるのです。

「備えあれば患いなし!」と言う言葉があります。その言葉の通り、万が一の為に事前学習が必要です。避妊に失敗した際に有効的な方法は、アフターピルの使用!アフターピルは「緊急避妊法」や「緊急避妊薬」とも呼ばれていて、避妊を後からでも行う事ができる有効的な薬として多くの人に愛用されているものになっています。使用方法も簡単で、服用すればOKと言うものになっています。その為、体に何か特別な事を行うと言った事は一切ありません。

アフターピルの購入方法

注意しなければいけないのが、ドラックストアなどでは購入する事ができないと言う点です。ほとんどの薬を購入する事ができるドラックストア。しかし、残念ながら、アフターピルは販売していない為、急いでドラックストアに駆け込んでも無駄足となってしまいます。それではどのように購入すれば良いのかと言うと第一は、産婦人科などに行き、処方してもらう方法になります。この場合、医師の診察が必要になる為、医療費+アフターピルの費用が必要になってきます。

産婦人科に行く事に抵抗がある人の場合や費用を少しでも抑えたいと思う人には、通販での購入がおすすめです。もちろん、日本国内では処方箋がないと購入する事ができない薬に分類されている為、一般的な通販で購入すると言うよりも、個人輸入を利用して購入すると言ったものになってきます。とは言っても、さほど難しいような事はなく、一般的な通販と変わることなく購入する事が可能になっています。

ただ、ここでネックになってくるのが、到着までの時間です。通販の場合、しかも個人輸入ともなると時間がかかってしまう場合も少なくありません。一刻を争う事になるアフターピルを使った避妊になる為、出来る事なら『お守り代わり』と言った感じで、使用の有無にかかわらず持っておくと安心かと思います。価格は通販の場合、ジェネリックを購入する場合、1000円前後での購入も可能です。病院での処方の場合は自費診療になる為、1万円以上は必要になってくると思っていた方が安心です。

アフターピルの効果と服用までの時間

ピル服用までの時間
アフターピルを使用し避妊を行う場合は、とにかく時間との戦いになってきます。一般的なアフターピルの場合、性交渉後から服用まで72時間以内となっています。この時間はあくまでも目安となっており、早ければ早いほど避妊効果をアップさせる事ができると言われています。その上で、72時間以内に服用した場合で、高いもので98%の成功率と言われています。その為、72時間以内にアフターピルを服用する事ができれば、ほぼ妊娠の危険性を回避させる事ができたと言えるのです。

万が一、72時間以内に服用する事ができなかったとしても諦める必要はありません。中には、120時間以内(5日以内)に服用する事で避妊効果を期待する事ができるものもある為、万が一時間が経過してしまった場合は、そのようなアフターピルを選ぶと良いかと思います。

アフターピルの使用で注意すべき点

アフターピルを使用し避妊を行う場合は、とにかく少しでも早く服用を始めると言う事にあります。その上で、もちろん副作用などについても確認しておく事が大切です。アフターピルの主な副作用としては吐き気、嘔吐、頭痛などが主な症状となっています。症状の重さには個人差があるものの我慢できないような症状の人は少なくなってます。

また使用する際は、出来れば妊娠検査薬を使用し、妊娠していないかと言う事を確認しておく事をお勧めします。既に妊娠している場合は、使用しても効果を得る事ができない為です。その他、服用時間や量などは必ず守る事が鉄則です。不安だからと言って、多めに飲むと言った事は決して行わないようにします。

まとめ

ダメージを軽減させるお守りイメージ
以上がアフターピルの正しい基礎知識です。これらの知識だけでも事前に確認しておく事でいざという時に慌てる心配は少なくなるかと思います。その上で、是非お勧めしたいのが、知識だけではなくその上であらかじめ購入して持っておくと言う事です。避妊の失敗は、いつ起こるかわからないものになっています。そんな時に望まない妊娠で悩むよりも早めにアフターピルを使用し、安心する方が体への負担も軽減させる事ができると思います。
その為、購入が可能であるならば、『女の子のお守り』と言った感じで、持っておく事をお勧めしたいと思います。